これで君もビットコインユーザー!

まずはビットコイン専用の財布となるウォレットを作ろう


もっとも人気のある仮想通貨として注目を浴びているビットコインですが、そもそもビットコインを所有するためにはどうすればいいのでしょうか。まず、ビットコインは硬貨という形で存在しておらず、データだけの存在です。そのため、そのデータを記録する必要があります。では、自分のビットコインをどのように記録すればいいのかというと、「ウォレット」と呼ばれるものを作成します。これは、ビットコインを入れるための仮想財布と考えればいいでしょう。
ウォレットはスマホのアプリやパソコンにインストールするソフト、あるいはネットサービスなど、様々なところで作成することが可能です。なので、自分がよく使う端末上で作るといいでしょう。


ビットコインの入手方法


ウォレットを作るとビットコインの所有が可能になりますが、もちろん、作っただけではビットコインはもらえません。ビットコインを手に入れる方法はいろいろありますが、一番簡単なのはお金で買うというものです。
ビットコインの取引所は、インタールネットサービスの形で数多く存在しており、その中には日本語が使えるところもあります。なので、そういったところに会員登録して、クレジットカードなどで買ってみるといいでしょう。
また、フリーマーケット的なサービスを行っているサイトで、決済を現金ではなく、ビットコインでできるところもあります。そのため、不要品を出品して買い手が現れたらウォレットの情報を教え、ビットコインを振り込んでもらうという方法でも入手可能です。